【若白髪】子供の若白髪を染めるなら白髪染めトリートメント|自宅で悩み解消

子供 若白髪 学生

学生の方が白髪で悩んでいるなら、声を大にして「白髪染めトリートメントを使ったほうがいいよ!」と言いたいです。

お子さんが白髪で悩んでいるなら、親御さんのあなたが自宅で行える白髪染めを教えてあげてください。

 

私は中学生の頃から白髪に悩まされていましたが、当時は便利な白髪染め用品はなく、市販の黒染めか美容院での白髪染めしか選択肢がありませんでした。

学校はヘアカラー禁止だし、白髪染めすると髪が痛むし、毎月染めるのはお金も時間も厳しいのでずっと悩まされていました。

そんな髪の悩みを昔から持っていたので、同じように髪で悩む人の手助けができればと美容師になりました。

 

思春期・学生時代の大きな悩みになる「白髪」ですが、白髪染めトリートメントなら簡単に自宅で白髪染めができます。

もちろん髪や頭皮に刺激はないので、髪質が悪くなったり肌荒れが起こることもなく、安全に白髪だけを染められます。(黒髪は明るくならない)

今回は、そんな若白髪対策にピッタリの商品である白髪染めトリートメントについて解説しました。

若白髪を染めるために美容院通いは現実的じゃない

美容院 白髪染め

「白髪を染めたいけど黒髪のままがいいし、髪も痛めたくない」という思いがある故に、「白髪染めのことはよく分からないから美容院に行こう」と考えてしまいます。

しかし、美容院で白髪染めするとお金・時間の両方がかかりますし、毎日白髪は伸びるので永遠に通う必要ができてしまいます。

特に遊び・部活動に忙しい学生さんであれば、大人よりも余る時間は少なく、美容室通いは現実的ではありません。

 

それに、若くして白髪がたくさんあることは「恥ずかしいこと」です。

誰かに頼んで白髪を染めてもらうよりも、誰にも恥ずかしい気持ちを持つことなく、自分だけで白髪染めできるほうが嬉しいのです。

 

思春期に白髪だらけで悩まされる、よく考えるとかなり辛いことなんじゃないでしょうか。

他の人だったら白髪の悩みなんて持たなくていいのに、勉強・人間関係・恋愛・進路といった大きな悩みに「白髪」という外見の悩みが増えるわけですから(泣)

 

美容院に定期的に通える時間とお金を確保できて、他人に白髪を染めてもらうことを恥ずかしくないと思えるならいいんです。

しかし、「好きな時に自宅で、自分だけで白髪を染めたい」と思うのであれば、白髪染めトリートメントを使ったほうがいいですよ。

市販の黒染めは「アレルギー・髪の傷み」があるので若白髪対策には不向き

アレルギー

自宅で行う白髪ケアには「市販の黒染め」も候補に挙がります。

ドラッグストアなどで簡単に手に入って値段も600~700円と手頃なので、一見すると最適な白髪ケアに思えます。

 

しかし、市販の黒染めには「酸化染料(ジアミン)」という強い刺激のあるアレルギー物質が含まれているので、髪が痛んだり頭皮が荒れる可能性があります。

それに、若い頃から強い薬品の入った黒染めを多用していると、将来的に薄毛に悩まされる可能性も高くなります。

 

安いカラー剤には安いだけの理由があるので、市販の黒染めには「髪を痛めたり頭皮が荒れてしまう物質が使われている」ことを忘れないでおきましょう。

自分の子供が白髪だらけだったとしても、カラダに悪い黒染めは決して使わせたくありませんし、できれば他の人にも使ってほしくはありません。

若白髪には自宅で簡単に使える「白髪染めトリートメント」がオススメ

白髪染めトリートメント

前置きが長くなりましたが、白髪染めトリートメントがなぜ若白髪を染めるのにオススメなのか解説していきます。

簡単にいうと

  • カラダに優しい
  • 黒髪は染めずに白髪だけを染める
  • 自分で簡単に使える

という3つの利点があるからです。

白髪染めトリートメントは「刺激なし・髪が痛まない」ので子供でも安心

白髪染めトリートメントは「髪と頭皮に刺激を与えない成分」で作られているので、何度染めても髪が痛むことはありません。

それにほとんどの商品が「無添加」で作られていて、アレルギー性物質なども入っておらず、お子さんでも安心して使えるようになっています。

 

若白髪があるからといって、髪が痛んでしまうヘアカラーで染めてしまうとせっかく綺麗なツヤのある黒髪がボロボロになってしまいます。

そんな時こそ、不必要に刺激の強い白髪染めは使わずに、カラダに優しい白髪染めトリートメントで染めるべきなんです。

 

お子さんに強い薬品の入ったヘアカラーは使ってほしくありませんよね。

白髪染めトリートメントは、従来のカラー剤に含まれている「酸化染料・アルカリ剤」などは入っていません。

白髪を染めるための染料には「植物染料・塩基性染料・HC染料」が配合されていて、髪や頭皮に負担をかけずに白髪が染まるように作られています。

 

ヘアカラーのように強力な薬品じゃないので、1回で完璧には染まらず何度か染める必要があります。

しかし、綺麗な髪を維持したまま安全に染められるという利点があるので、若白髪がある方にピッタリなのです。

黒髪はそのままで白髪だけを染めるから学校で怒られない

ほとんどの学校はヘアカラー禁止・茶髪禁止ですが、白髪染めトリートメントは「黒髪を明るくする脱色作用」はありません。

そのため、黒髪は明るくならずそのままで、白髪だけを染められるように作られています。

一応白髪染めトリートメントもヘアカラーの一種にはなりますが、白髪だけを黒く染めるので学校にはバレませんし、仮に「白髪染めしてるよ」と先生に言っても怒られることはないでしょう。

自分で塗れるから人に染めてもらう恥ずかしさがない

白髪染めトリートメントは頭皮にカラー液がついても洗い流せばすぐ取れるので、自分でも簡単に塗れます。

市販のカラー剤とは違って「シャンプー後の髪に塗って馴染ませるだけ」でいいので、中高生なら割と簡単に使いこなせます。

 

人に白髪を染めてもらうのは「コンプレックスである白髪を他人に見られる」ことになるので、できれば自分で対処したい人がほとんどでしょう。私もそうでした。

私の若い頃は「ヘアマニキュア」が髪を痛めずに白髪染めできる唯一の用品でしたが、自分で白髪の根元を塗るのは不可能で、綺麗に染めるなら美容院に通うしか選択肢はありませんでした。

 

今は白髪染めトリートメントがあるので、ヘアマニキュアのように根元が染められないという短所もなく、自分で簡単に白髪染めできる時代です。

人に白髪染めしてもらうんじゃなく、自分で好きな時間に白髪ケアができるのは最高ですよ。

若白髪対策にオススメなのは利尻ヘアカラートリートメントのブラック

利尻ヘアカラートリートメント 全色

利尻ヘアカラートリートメント 全色

  • 商品名  ⇒ 利尻ヘアカラートリートメント
  • 値段   ⇒ 2,160円(税込)
  • 内容量  ⇒ 200g(ショートヘアーで6~7回分)
  • 色の種類 ⇒ 4色

オススメの白髪染めトリートメントは「利尻ヘアカラートリートメント」です。

何年も売り上げ1位になっているロングセラー商品で、よく聞く「利尻昆布の白髪染め」ってやつですね。

 

上の画像は100%人毛の白髪毛束にカラー液を塗って、30分置いて1回染めたものです。

白髪染めトリートメントはシャンプーした後の髪に塗って、時間を置いてから流すことで白髪が染まる仕組みで、置き時間によって染まり具合に差ができます。

今回は、なるべく1回でしっかり染まって欲しかったので、30分と最長の時間を置きました。(長く置いても髪は痛みません)

 

色は左から

  • ブラック
  • ダークブラウン
  • ライトブラウン
  • ナチュラルブラウン

と並んでいて、若白髪にオススメなのはブラック(黒色)です。

 

白髪染めトリートメントは染める力が市販の黒染めよりも弱いのですが、利尻ヘアカラーのブラックで30分置けばしっかりと白髪が黒くなります。

この商品1本で何回も使える量が入っている&封をあけても保存できるので、好きなときに自分で白髪染めできますよ。

 

利尻ヘアカラーは「植物染料・塩基性染料・HC染料」の3つの染料が配合されていて、髪や頭皮への刺激がなく、安心して染められる白髪染め用品です。

完全無添加+29種類の潤い成分髪をキレイにしながら白髪を染められるトリートメントになっています。

 

当サイトではいくつかの有名な白髪染めトリートメントを使って実際に染めたレビューを載せています。

その中で「一番白髪染め効果が高くて安全に使える商品」は利尻ヘアカラーでした。

若白髪に悩んでいるなら、利尻ヘアカラーで悩み解消しましょう。

利尻ヘアカラートリートメント ブラック ダークブラウン ライトブラウン ナチュラルブラウン
【写真付き】利尻ヘアカラートリートメント全色の口コミ体験談|ベスト白髪染め

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です